お知らせ

↓ここをクリック 

 


 

校      歌

 

作詞  上甲  二郎

作曲  佐々木   宣男

 

 1 豊(ゆた)かなる道後(どうご)の大地(だいち)  瀬戸(せと)にひらけ

   重信(しげのぶ)のながれ  窓(まど)の辺(へ)にきよし

   いらかつらなる  学舎(まなびや)に

   怜悧(れいり)のまなこ  みひらきて

   真理(まこと)求(もと)めん  吾(われ)等(ら)  正(ただ)しく

 

 2 南(みんなみ)の皿(さら)の山(やま)なみ  光(ひかり)みちて

   わが母(はは)のごと  まなぞこに深(ふか)し

   なさけあつき  学舎(まなびや)に

   清純(せいじゅん)の血(ち)を  たぎらせつ

   情操(こころ)高(たか)めん  吾(われ)等(ら)  あかるく

 

 3 東(ひんがし)に石(いし)鎚山(づちやま)は  はるかそばだち

   わが父(ちち)のごと  はだえにきびし

   友(とも)と語(かた)らう  学舎(まなびや)に

   克己(こっき)の誓(ちか)い  ほむらたて

   四方(よも)と生(い)きん  吾(われ)等(ら)  たくましく