ごあいさつ

 

校 長   丹下 徳子


 しげのぶ特別支援学校のホームページにお越しいただきありがとうございます。

 本校は昭和40年に肢体不自由教育を行う愛媛県立愛媛養護学校として開校し、以来、本県の肢体不自由教育をリードしてまいりました。平成18年には病弱教育を行っていた愛媛県立第二養護学校を統合し、肢体不自由教育部門と病弱教育部門を設置する愛媛県立しげのぶ特別支援学校として、肢体不自由教育と病弱教育の充実に努めているところです。また、平成27年度には東予地域、南予地域に肢体不自由教育を行う特別支援学校の分校・障がい部門が設置され、本校を含め3校が肢体不自由教育のセンター的役割を果たし、地域に貢献しています。

 さて、本校では140名近くの幼児児童生徒が学んでいます。ほとんどの幼児児童生徒が保護者の送迎やスクールバスで通学しています。中には隣接する愛媛県子ども療育センターに入院し、治療を受けながら学んでいる児童生徒もいます。また、寄宿舎を利用している生徒もいます。

 本校では『一人一人の 教育的ニーズに応じた特別支援教育の充実』を重点努力目標とし、肢体不自由教育部門と病弱教育部門それぞれの特性に配慮した上で、肢体不自由教育部門と病弱教育部門それぞれの部門で教育課程を編成しています。さらに、児童生徒一人一人の障がいの状態や教育的ニ-ズに対応するため、小学部・中学部・高等部ともそれぞれ三つの教育課程を編成して指導に当たっています。

 幼児児童生徒は「正しく・明るく・たくましく」の校訓のもと、障がいの状況や発達段階に応じた学習活動に生き生きと取り組んでいます。時には校外で学んだり、校外からキャリア教育の講師を招いて学んだり、進路について学習したりしています。「しげ特(しげとく)日記」では、いろいろな学習活動を紹介してまいりますので、幼児児童生徒のいのちが輝き、笑顔があふれる様子をぜひごらんください。これからもしげのぶ特別支援学校をよろしくお願いします。