【教育課程】

1 教育課程の編成

 教育課程編成の基本方針として、本校の重点努力目標『一人一人の 教育的ニーズに応じた特別支援教育の充実』を踏まえ、肢体不自由教育部門と病弱教育部門それぞれの特性に配慮したうえで、次の点に重点を置いて教育課程の編成を行っています。


 (1) 多様な幼児児童生徒の実態に応じた教育課程の編成
 (2) 一段と進んだ重度・重複化に対応した教育課程の充実
 (3) 具体的なニーズに応えるための「個別の教育支援計画」の作成

 

 教育課程の編成においては、肢体不自由教育部門と病弱教育部門それぞれの部門で教育課程を編成しています。そして、児童生徒一人一人の障がいの状態や教育的ニ-ズに対応するため、小学部・中学部・高等部で三つの教育課程を編成して指導に当たっています。

 

ア 幼稚園・小学校・中学校・高等学校に準じた教育課程による学習グル ープ

 ・幼稚園・小学校・中学校・高等学校の目標・内容に準じ、教科指導を中心に自立活動を加えた指導計画です。

 ・小学部3年以上は総合的な学習の時間を設けます。

 ・実態に応じて下学年の目標・内容を指導することもあります。


イ 知的障がい特別支援学校の教育課程に代替する学習グループ

 ・知的障がい特別支援学校の各教科に代替する指導計画です。

 ・児童生徒の心身の発達の状態に応じて、各教科や領域(道徳・特別活動・自立活動)を合わせた指導を重視しています。

 ・自立活動の時間における指導とともに児童生徒の実態に応じて教科別の指導も取り入れています。

 ・中学部・高等部は総合的な学習の時間を設けています。


ウ 自立活動を主とした教育課程による学習グループ

 ・自立活動の内容を主とした指導計画です。

 ・自立活動には「健康の保持」「心理的安定」「人間関係の形成」「環境の把握」「身体の動き」「コミュニケーション」の6つの区分があります。

 ・児童生徒の発達や障がいの状況が重度・重複化、多様化していることから、個々の児童生徒に応じて必要な自立活動の内容を指導することが大切となります。

 ・本校では独自に「自立活動を主とした指導の形態」を設け、領域別の指導(特別の教科道徳・自立活動・特別活動)と合わせて時間割を編成しています。

 ・小学部・中学部・高等部とも、総合的な学習(高等部1年は総合的な探求の時間)の時間は自立活動に替えて指導しています。


   <自立活動を主とした指導計画について>

 本校では、一人一人のニーズに応じた教育的支援を推進するため、児童生徒の実態に応じた教育課程の編成・研究に取り組んでいます。自立活動を主とした学習グループでは、各教科・領域の一部と自立活動の内容を統合しよりよい教育活動ができるよう4つの指導の形態を設定して指導に当たっています。

 


2 自立活動の内容

 自立活動の内容は、人間として基本的な行動を遂行するために必要な要素と、障がいによる学習上又は生活上の困難を主体的に改善・克服するために必要な要素を次の6つの区分に整理・分類したものです。


(1) 健康の保持 

 生活のリズムや生活習慣の形成、健康状態の維持・改善等に関すること。

 

(2) 心理的な安定

 情緒の安定、対人関係の形成の基礎、状況の変化への対応等に関すること。

(3) 人間関係の形成

 他者との関わりの基礎に関すること、自己の理解と行動の困難に関すること、集団への参加の基礎に関すること。

(4) 環境の把握

 保有する感覚の活用、 感覚の補助及び代行手段の活用、認知や行動の手掛かりとなる概念の形成等に関すること。


(5) 身体の動き

 姿勢と運動・動作の基本的技能、 姿勢保持と運動・動作の補助的手段の活用、日常生活に必要な基本動作、身体の移動能力、作業の円滑な遂行に関すること。


(6) コミュニケーション

 コミュニケーションの基礎的能力、言語の受容と表出、言語の形成と活用、コミュニケーション手段 の選択と活用等に関すること。


3 自立活動を主とした指導領域

 学習指導要領の「重複障がい者等に関する教育課程の取扱い」では、重複障がい者のうち障がいの状態により、特に必要がある場合は、各教科、特別の教科道徳、特別活動等の目標及び内容の一部又は各教科、総合的な学習の時間等に替えて自立活動を主として指導してよいことになっていますが、具体的な内容までは示されていません。また、重複障がいの有る児童生徒によっては各教科、領域の内容を指導した方がよりよい教育活動ができる場合もあります。
 本校では、自立活動の内容を中心に各教科及び領域の内容の一部を合わせ、再整理し、『健康』『動作』『認知』『身辺』『コミュニケーション』『社会性』の6つの指導領域として定め、それぞれの領域ごとに指導内容表を作成し、具体的な指導項目を示しています。

 


4 自立活動を主とした指導の形態

 6つの指導領域の項目を児童生徒の状態や授業の内容に応じて選択し、実際の授業が行われますが、これを「生活活動の指導」 「遊び活動の指導」「課題活動の指導」「単元活動の指導」の4つの指導形態に分けて設定しています。


(1) 生活活動の指導 
 児童生徒が毎日同じように繰り返す日常生活の活動を通して、自立活動の目標の達成を図ろうとするものです。健康の増進、食事や排せつなどの身辺の事柄、生活リズムの形成など、児童生徒が主体的に取り組めるよう支援しています。「朝の会」「給食」「終わりの会」などのほかに、学校生活全体を通じて配慮する健康安全に関することも含まれます。
 なお、「朝の会」の指導は、設定する内容や扱い方によっては、他の指導の形態(課題活動の指導等)として取り上げることがあります。


(2) 遊び活動の指導 
 この指導形態のねらいは、児童生徒の興味・関心に基づいた遊びを展開する中で、運動能力、認知能力、コミュニケーション能力、対人関係などの習得に主眼を置くものです。個別指導を原則とし、児童生徒一人一人の状態に応じて教材を用意し、関わり合いを深めていく活動です。
 なお、 中学部、高等部については 「遊び」という名称と生活年齢とが合わなくなってくるので、「単元活動の指導」などの中で取り上げるようにしています。


(3) 課題活動の指導 
  この指導形態は、「遊び活動の指導」などでは十分にねらいを達成することができにくい内容を、系統的・段階的に繰り返しの中で指導しようとするものです。「遊び活動の指導」では学習の主導権が児童生徒にあるのに対して、この指導形態では個別指導の中で主導権を教師側に持たせるのが特徴です。課題の設定は、児童生徒の状態を踏まえ、 「できること」「できそうなこと」を探すことから始まります。それを踏まえて、さらにステップアップしていくことが指導の内容となります。


(4) 単元活動の指導 
  この指導形態は、調理、買物、集会、行事の準備など比較的短期間のまとまりで押さえられるものと、特定の教科の内容に近いものとが上げられます。個別の指導を踏まえながら、小グループでの活動を通して教師や児童生徒相互の  関わり合いを深めようとするものです。「誕生会」「調理学習」「散歩」「校外学習」「音楽遊び」「運動遊び」「造形遊び」などがあります。
                

ページの先頭に戻る